2016年02月24日開催セミナーへのお客様の声

2016年02月24日開催セミナーへのお客様の声

前田浩貴様(建設業経営)

リーダーのパッションが大切だと気付きました。自分には忍耐が足りないと思いました。スタッフに成長してもらうために、粘り強く伝えていこうと思います。仕組みは大切、繰り返し伝えることも重要、というお話が印象に残りました。リーダー(自分)が健全でなければ、忍耐をもって伝えられないと感じました。本日はありがとうございました。

井上隆元様(工務店経営)

以前、成長している工務店の幹部の方の話で、「私の仕事は最初と最後にお客様に会うことと社会営業、そして会社の理念をうるさいくらいに言うことです」と言っておられたのと、本当に通じるところがあると思いました。原点に戻って見直してみます。

Y.T.様(サービス業店舗統括マネージャー)

ラインナップという方法で、リマインドを毎日行う事に驚きました。想像以上に泥臭いなと感じましたが、難しいことではないのでやります。自分自身でできることがもっとあることに気付けたので、パッションを持ち、少しずつでも仲間を増やし、やり遂げます。

「気付いた人がやらないと」という事だとハッキリ言い切られていた所が、スーッと心に落ちました。女性としてとても憧れました。パワーのある方は、キラキラされているんだと感じました。

M.F.様(建設業経営)

今日の学びの中で、お客様は誰か?ということに関し、自分以外の人はお客様ということを、あらためて認識しました。会社の中での仕組みづくりが、やはり重要であり、弊社も仕組みづくりを再構築しようと思っていたところだったので、勉強になりました。もっとも重要なのはパッションだと話されていたのが印象的でした。

I.F.様(ホテル業総務課)

会社のビジョン、価値観を明確にして浸透させていく仕組みづくりの大切さ、地道に愚直に繰り返し行うこと、パッションをもって取り組むこと、の大切さに気付かされました。最も印象に残ったのは、人間は忘れる存在だということを前提に仕組みをつくっていく、という話です。大変ためになりました。ありがとうございました。

C.K様(会社員/管理職)

導入研修と現場育成・研修のつながりの重要性と、やり続けることの大切さを学びました。例えば、クレドつくりました、読み上げてます、そのうち忘れちゃいます・・ということが多いのですが、反復すること、泥臭く続けていく忍耐が重要だと気付かされました。会社の価値観を上の人(リーダー)が言い続け、やってみせることが大切、というお話が印象的でした。あす提出の企画書に反映いたします。ありがとうございました。

望月構玲様(会社員)

ビジョン、ミッションを持ち、全員に浸透させることが極めて大事なことを確認できて良かったです。会社の考え方がわからないと社員が迷うばかり。なかなかできないことではないかと感じていますが、強く共感しています。採用を重要視されているという点が印象的でした。価値観が違う人は採用されないというところは、驚きました。また、仕事ができる人はリーダーになる可能性が高いので、その影響が大きいということは、なるほど、と思いました。今回、自分なりに、どうしたら職場が良くなるか?を考えて臨んだのですが、自分の考えに自信がもてなかったところも、改善できて良かったです。ありがとうございました。

I.Y様(会社員)

マネージメントにおいて、「社員の価値観と会社の価値観(方向性)をリンクさせること」と、「そのための仕組みづくり」の二点が何よりも、非常に重要だということを学びました。“全体の中の一部として社員を考えるのではなく、1人ひとり個別に、そして丁寧に最大限のサポートをすることが大切”ということが、一番印象に残りました。本日は、一日ありがとうございました。マネージメントは一朝一夕で完成されるものではなく、地道に泥臭く続けていくことが大事、ということが、自分の中でも大きな気づきとなりました。

I.M.様

“人を育てるには、地道に泥臭く”を再認識しました。だからこそ、やりがいがある!と思います。採用が一番大切、とおっしゃっていたのが印象に残りました。前職で出来ていなかったことであり、昔、リクルートの方が同じことをおっしゃったことを思い出しました。 急な仕事で途中からの参加となってしまったのが、とても残念でした。

Y.U.様(会社経営)

相手への問いかけ、聞き方に対する言葉の使い方を学びました。結局、自分自身のパッションが最も重要であるということを、改めて気付かされました。質問の質を訓練する方法についての話が、特に役立ちました。とても有意義な一日でした。ひとつひとつですが、福岡に戻って出来ることをやっていきたいと思います。ありがとうございました。

川﨑徹夜様(会社員)

あのリッツカールトンでも、「ビジョン」や熱い「パッション」を、泥臭く、徹底的に言い続けることで今の地位を築いてきた、というのは驚きました。リーダーは、部下の価値観や実現したい未来に紐付けすることが大事←これが私はできていなかったと思います。熱いパッションは伝えているつもりでしたが、相手の価値観に紐付けすることの重要性を知りました。本日はありがとうございました!

C.O.様(自営業)

社員育成、人材マネージメント、会社方針のお話の中で、自己自営だけの仕事だからあまり必要ではないか?と思っていたのですが、個人経営の中での基本の源となる部分があり、考えさせられました。失敗したことや今の自分、店の考え方や私のパッションの伝え方、等々。特に、私がやっている私の仕事への考え方・・地道に泥臭くやり続けていくか?ありがとうの想いを持ち続けながら人とかかわり続けるか?という点を考えさせられました。

H.M様

多くの事例を交えて説明してくださり、とてもわかりやすくお話を聞くことができました。背景にある考え方の大切さ、地道に反復することの大切さ、それらを持続的な行動に落とし込む仕組みづくりなど、とても参考になりました。ひとつ一つのスキルやツールより、一貫性をもって理念を定着させる事の大切さを学ばせていただきました。とてもわかりやすく素晴らしい内容でした。どうもありがとうございました。

西森夏樹様(会社員/CS推進担当)

①考え方(会社の)のトレーニングが必要、②リッツカールトンのホスピタリティーの質の高さは、先ず社内から。特に、社内の内線も「ありがとうございます」といって受けるなど、自分以外のすべての人がお客様、という考え方が一番の学びでした。

T.W様(会社経営)

リッツカールトンでは、どのようにスタッフの育成にあたっているのか、とても参考になりました。明日からパッションを伝えていきたいと思います。様々なお話からインスパイアされてアイデアがたくさん出てきたので、実践していきます。ありがとうございました。

Y.O様(飲食店幹部)

今、自分がやっていることは意味があるのだな、と思ったのと、浸透させるには伝え続けることが大切!!!ということを学びました。理念や考え方の浸透・定着は、反復し徹底的に教えていく、継続するための仕組みづくりをしていく、承認・称賛をしっかりやっていく、など、とても印象に残りました。本日はありがとうございました。

H.H様(理学療法士)

自分たちがもっている仕組みを上手く使えていないことに気付きました。もっとしっかり、伝えていけるようにします。一人ひとりをみていることを伝える仕組みを、主任やリーダーたちと一緒に考えていきたいと思います。トレーニングの目的やコーチ(トレーナー)の役割が明確になりました。仕組みの骨格もはっきりしたので、役職者と共有したいと思います。ありがとうございました。

A.Y様(会社員)

マネージメントにおいて、「社員の価値観と会社の価値観(方向性)をリンクさせること」と、「仕組みづくり」の二点が何よりも、非常に重要だということを学びました。“全体の中の一部として社員を考えるのではなく、1人ひとり個別に、そして丁寧に最大限のサポートをすることが大切”ということが、一番印象に残りました。本日は、一日ありがとうございました。マネージメントは一朝一夕で完成されるものではなく、地道に泥臭く続けていくことが大事、ということが、自分の中でも大きな気づきとなりました。

K.M様(カウンセラー)

チームで仕事をしていくときのシステムについて、具体的に知ることができました。また、個別に困っていることの対策について話し合ったり、助言していただいたことも勉強になりました。一番大切なのはパッション、地道に続けることが大切、目の間にいる人を心地よくすることが原点、というお話がとても印象的でした。参加して良かったです。参考になることがたくさんありました。ありがとうございました。

E.H様(リフォーム会社役員)

スタッフへの言葉かけなど、足りない部分があることに気付きました。女性は認めて、ほめて伸びる。同性なので、なかなか恥ずかしいような気持ちもありますが、それぞれのスタッフの良いところをみつけてほめてみる!ということを、してみようと思いました。女性に対してのコミュニケーション、とても役立ちました。やっぱり、会社は従業員を喜ばせないと、会社の利益は出ないんだなぁと思いました。また、いろいろな会社のさまざまな悩みを聞けて、とても勉強になりました。グループ別にわかれて話もできてよかったです。ありがとうございます。

清水明人様(建設業)

ビジョン・ミッションを伝える方法がよくわかりました。また、仕組みづくりが大事なこともわかりましたので、徐々につくっていこうと思います。徹底し、反復し、継続することで価値観の統一がはかれる、ということを学ぶことができました。

鈴木敦子様(QFラウンジスーパーバイザー)

リッツの教育の仕組みの素晴らしさに改めて感動しました。自分のやっていた事がザルのような感じで、足りないことにたくさん気付くことができました。スタッフの未来に、今の仕事がどう役立っているのか?一人ひとりに丁寧に向き合っていこうと思います。また、自分自身どんな未来を実現したいのか?しっかりエンゲージメントできるようにしておきます。リーダーは、部下の価値観や実現したい未来に、丁寧に紐付けすることに力を注ぐ、という話が印象的でした。たくさんの事例から、多くのことを学ばせていただきました。ありがとうございました。

I.K様(ライフオーガナイザー)

根本的には他人のやる気を出させることはできない、という言葉が頭にすっと入りました。女性へのアプローチは「役に立ってる。ありがとう」という声かけ、男性へのアプローチは、論理で納得すれば動く、同じことを反復していうことで、部下にやっと伝わるからしつこいくらいで丁度いい、など、気付かされることが多くありました。価値観をすりあわせていくと、仕事が自分事になる、というのは本当に参考になりました!ありがとうございました。とても勉強になりました。来て良かったです。

吉田俊子様(会社役員)

難しくなく、具体例も多く、理解しながらメモを取れました。男性の講師の先生とは目線が違い、楽に楽しく聴くことができました。目の前に居る人に心地よくなってほしい、人間は良く忘れるからこそ、どうやったら続けられるかを考える、など、スーッと身体の中に入ってきました。楽しい時間の学びをありがとうございました。

E.A様(サービス業)

私は、講師の佐藤先生のお話をお聞きして、自分の中で悩んでいた「活動に対しての温度差」に関して、解消することができました。あらためて、自分自身が周囲の一人ひとりと向き合ってコミュニケーションをはかり、情熱をもって取り組めば伝わっていくことを学びました。グループディスカッションでは、色々なご職業の方とのお話をし、さまざまな意見を聞くことができたので、今後の自分の成長につなげていきたいと思いました。本日は参加させていただき、ありがとうございました。明日から実際に、現場でリーダーシップを発揮できるよう取り組んでいきたいと思います。