リッツ・カールトンの事例に学ぶ 心の芯に火を灯す人財マネジメント

リッツ・カールトンの事例に学ぶ 心の芯に火を灯す人財マネジメント

3時間セミナーを実施しました!

☆ 参加者ご感想・・印象に残った内容(一部)☆

「採用においても、教育や育成においても、すべての段階で“ぶれずに徹底”が一番大事なことであると、改めて思い知らされました。人間がつくっているものが組織ですので、どうしても“例外”という特例を許しがちになってしまい、結果として、それが組織全体の意識の低下を招いてしまっているので、今後は“徹底重視”でマネジメントしていきたいと思います。“なぜ、自分がその役を担う必要があるのか”という問いを、自分のしたいこと、自分が将来どんな人間になりたいのか、につなげる意識をもっと持ちたいと思いました。」

「日々の徹底と習慣が重要であり、成功されている企業で実践されている事が大きな収穫です。細かなルールの仕組み化とマネジメントを、自己の管理範囲にて改めて実践します。」 「毎日続けること、が大切であることをあらためて感じました。社内のコミュニケーションの取り方を考えていきたい」

「組織文化と徹底です。自分が学ぶ中で色々な想いをかかえ成長してきたと思いますが、それをかたちにしていませんでした。徹底するのは自分が一番苦手でやってこなかったことだとも感じました。まずは、かたちにしてみます。」

等々。ご感想ありがとうございました。

参加してくださった方全員から、現在のお仕事や実生活に活かせる内容があったとのお答えをいただき(YES率100%)、ほっとしています(笑)

一方で、内容の広さに比して時間が充分でなく、“ひとつ一つのテーマをもっと掘り下げて聞きたかった”というご感想もいただきましたので、次回は、テーマを絞った内容で開催したいと思います。お楽しみに・・!

最後になりましたが、ゲスト講師としてご登壇くださった船川淳志氏はじめ、ご参加くださった皆様、お手伝いくださった帯谷さやかさん、知人や友人の方にセミナーのことをお知らせくださり応援してくださったすべての方に、心より御礼申し上げます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL