社長の不可解*なぜ?もっと上を目指そうとしない?

社長の不可解*なぜ?もっと上を目指そうとしない?

仕事ができて将来有望な若手ホープ。なのに、

今の状態を維持できればいいと言う・・!!理解できない!

と思ったことがあるならば、続きをお読みください。

いったい何故?

常に、もっと!さらに!と、より良い状態を目指してがんばってこられたあなたには、不可解でならないことでしょう。

将来を期待され、チャンスもあるのに

「今の状態をずっと維持できればいいです」

と答える、若手期待のエース。

創業以来、苦楽をともにし、一緒に会社を大きくしてきた幹部チームから、そのような反応が返ってきたことはなかった・・

これまでに遭遇したことのない事態が、大きくなってきた会社の“これから”を託せる幹部候補を育てることが最重要課題!と認識するあなたの気持ちを、大きく揺るがし、戸惑わせたとしても不思議はありません。

どれだけハッパをかけても、火がつかない・・

と、ガッカリされたことが、もし、あったとし・て・も。

絶望するのは、まだ早いです。

なぜなら・・・

肝心のところにフックがかからない理由は、実は、ごく単純なところにあったりするからです。

例えば・・・

あなたの頭の中には、当然のように浮かんでくる

“これを実現すると、___な風な感じになるな〜♫”

と、ワクワクする近未来の光景。

ところが、ハッパをかけられている彼らの頭の中に浮かんでいる光景は、むしろ、より責任が重くなり、会社に縛り付けられるイメージかもしれません。

行動の先に、体験したい!未来のイメージがない時、つまり、

「そこに到達したい・・!」

という欲求が生まれていない状態では、自ら貪欲に学び成長する、という行動が生まれてこなくても不思議はありませんね。

いや、俺は/私は、それでも行動し続けたぞ!

と、思われましたか?

はい、確かにあなたは、これはする必要があることだ!と思うだけで、自分を行動モードに切り替えることができた方だったのでしょう。

そんなあなただから、今のポジションにつき、活躍を続けておられるのです。

ただ・・ 皆が、あなたと同じように動けるわけではありません。

それを、能力がない、やる気がない、と片付けますか?

多くの従業員を抱える大企業なら、もしそうしたとしても、特に会社経営に支障はないかもしれません。あなたと同じような人を探してピックアップし、リーダーとして育てていけばよいのですから。

しかし、あなたの会社がそのようなピックアップ型の人財マネジメントができる状況になかったとし・た・ら。

別の方法をとる必要があります。

あなたにとっては不可解な、もっと!さらに!という気持ちが稀薄にみえる若手ホープたちの中にも、別のアプローチをすれば、期待の幹部候補に変身する社員もいるのです!

まだ発揮されていない社員の能力を大きく引き出すことができ、生き生き働く社員を増やし、会社の活力を生み出す方法・・・

それが、心の芯に火を灯すことで評判と業績を生む人財マネジメントです。

心の芯に火が灯れば、人は誰でも、自ら学び行動するようになります。それを積み重ねることによって、成長のスパイラルが生まれるのです。

あなたの会社の社員が皆、生き生きとした表情で働く姿、お客様からの感謝の言葉、リーダー候補者が多すぎて選ぶのに困る!嬉しい悲鳴・・そんな未来への一歩をあなたも一緒に踏み出しませんか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL