研修実施レポート*個人と会社・仕事との接点発掘

研修実施レポート*個人と会社・仕事との接点発掘

3月28日(土)、セルフリーダーシップ社内伝染プログラム*フェーズ1の一部である「個人の価値観と会社・仕事との接点を見出す研修を実施しました!

研修にご参加くださったのは、名古屋を拠点に、国内外で日本の自動車業界を支える中堅企業の管理職の方々でした。

部下のやる気をもっと引き出してもらいたい!

と、管理職に望む経営者の方は多いかもしれませんが、まずは、管理職の方ご本人にとっての「接点」を再確認してもらうところから・・・!ということで、今回実施の運びとなりました。

同時に、研修への参加を通じて、部下の方々の「接点」の引き出し方のヒントを得ていただくことがもうひとつの目的でした。

  • ◆ 個々の人生において大切にしている価値観や信念を発掘し、掘り下げる(価値観・信念の明確化)
  • ◆ 仕事において大切にしている価値観を順位付け、仕事を作業要素として分類し、自分の特性を掴む。(モチベーションスキルやコアスキルの明確化)
  • ◆ 会社が掲げる価値観や現在の仕事内容から抽出した要素と、自分が大切にしている価値観との接点を見出す
  • ◆ 大切にする価値観に基づいた未来ビジョンの中に実現したいキャリア・ビジョンを描く。
  • ◆ キャリア・ビジョンの実現のために必要な能力・経験を明確にし、現状とのギャップを正確に把握したうえで、具体的な目標設定・行動プランを策定する

といった内容を、表に曲線を描いたり、言葉を書き出したり、カードに記入する、カードを並び替える等、普段あまり使わない脳の部分と一緒に手を動かすワークと、それらのワークで導き出したもの全てを俯瞰して眺めて得た気づきを、ペアやグループでシェアし、さらに、シェアした人のフィードバックからも気づきを重ねていただいた、5時間にわたるワークショップ型研修。

以下、参加者にご記入いただいた修了アンケートから。

「まずは自分自身のモチベーションが何か、を改めて再認識できた」

「仕事とプライベートを融合させることで、より相手の本意を引き出し易くなる。好きな仕事につながる、自分にとって得るものがあると気付かせることができれば、主体性を発揮しやすい状態に導くことができるとわかったので、コミュニケーションを増やし、本人の興味を引き出すことをおこなっていきたい。」

「人生において“緊急ではないが重要”なことを明確化できた。主体性は、キャリア・ビジョンやモチベーション・スキルと密接につながっていると再認識できた。主体性を引き出すにも、まず対話から得られる、価値観やキャリア・ビジョン等の情報が欠かせない。来月から面談機会を増やすことにする」

「自分のことを振り返ってみて、考えを再確認できた。また、部下の考えを引き出すヒントを得られた。部下との対話の重要性を意識したい。」

等々。

(1)参加者ご自身の仕事に対するモチベーションの原点がどこにあるのか?の再確認・再認識

(2)部下のモチベーションを引き出す方法のひとつとして、「接点」発掘アプローチを体得

という2つの目的を達成された皆さんの感触が、口頭での感想からも伝わってきました。

参加された多くの方が触れてくださっているように・・・

部下とのコミュニケーションなくしては、その部下が大切にしている価値観や実現したいキャリア・ビジョン等を知ることができず、会社の価値観や仕事との「接点」を見出すこともできません。

心を通わせる会話の下地がないところで、部下が主体性を発揮するきっかけづくりをしようとしても難しい、ということですね。

「雑談」を侮るなかれ・・!

何気ない雑談の中に、相手を知るヒントがたくさん潜んでいます。

社員のモチベーションに火を灯したい!もっと主体性を引き出したい!と願うのであれば・・

さまざまな手法や工夫も大切ですが、その前に、まず、相手のことを知ろうとするコミュニケーションありき!ということを、改めて認識していただけた時間ともなりました。

リーダーの認識の変化がもたらす影響はとても大きいので、今後の変化が楽しみです♪

以上、研修実施レポート&所感でした!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL