日本でいちばん大切にしたい会社*表彰式レポート

日本でいちばん大切にしたい会社*表彰式レポート

「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の表彰式・記念講演会に参加してきました!

法政大学院政策創造研究科の坂本光司教授が会長を務められている、人を大切にする経営学会と、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞実行委員会が主催される会で、昨日、第5回(年に1度表彰)の表彰式がおこなわれました。

後援には、経済産業省や厚生労働省、経済産業省中小企業庁といった省庁も入っており、実行委員長賞や審査委員会特別賞に加え、それらの省庁の大臣賞や長官賞をあわせて、今年は全部で13社が表彰されていました。

この賞は、過去5年以上にわたって、

  • ◆ 人員整理、会社都合による解雇を一切していないこと
  • ◆ 下請け企業、仕入れ企業へのコストダウンを強制していないこと
  • ◆ 障害者雇用率は法定雇用率以上であること
  • ◆ 黒字経営(経常利益)であること
  • ◆ 重大な労働災害がないこと

という厳しい応募基準があり、その基準を超えて自薦・他薦で応募された企業の中から、さらに100の指標で細かく厳正に評価され選ばれるのだそうです。

昨日は、そのうちの3社の代表者の方々の、受賞記念講演を聞くことができました。印象に残ったお話の内容の一部を、下記にご紹介します。

☆ 経済産業大臣賞 株式会社マルト
代表取締役社長 安島 浩様

本社は福島県いわき市にあり、いわき市と茨城県に、スーパーマーケットや衣料店、薬屋などの店舗を数多く展開。社員数743人。設立1964年。

・全社員に、心の教育を毎月実施している

・お客様の役にたつことであると判断したら、3割準備できた時点で実行に移す

・人にやさしい、人を育てる制度・・長所を伸ばす教育制度、公正・公平・公明な評価(どのように評価されたのか、明確にわかる仕組み)と処遇制度(◯×主義ではなく、◯◯主義、挑戦して失敗した人は怒らない、発揮能力があるとして加点評価*この加点評価の考え方は素晴らしい!と思いました!)、

共催会や預金制度といった、仕組みや文化、制度などのお話から、過去のさまざまな事象への対応事例についてのお話も・・

・石油ショック時の対応・・今まで通りの適正価格での販売で信頼を確保。常にお取引様こそマルトの最高のご協力者、との指針により、良い人間関係づくりと、買掛支払いは絶対に遅らせない、という姿勢を貫いたところ、取引様の努力により優先的に商品調達が実現。

・地元老舗百貨店倒産時の対応・・店内在庫品の購入を引き受け、地域のお客様への格安卸売会を開催。収益金100万円を老舗百貨店へ、退職金の一部に、という名目で寄贈。

・東日本大震災が発生した日の16時には、本部からの指示ではなく、「店を明けることが自分たちの使命」と考えた社員自らの決定により、全店舗のうち3割が再開(駐車場で商品を販売)。翌日には、被害がひどかった店舗も含めて全店舗開業。

・2011年3月末日、東日本大震災により経営的に大打撃を受けながらも、復興資金として3億円を社員に支給することを決定

・3月15日水素爆発後は、店舗外の作業を年配者がおこない、若い人は建物内での作業にあたるように配置変更。

等。

また、地域社会への貢献も多種多様で、

・食育推進室の設置やスポーツ支援、文化活動支援、環境への取り組み等

を通じて、取り組まれているとのことでした。

「商売とは、心からありがとうと言ってくださるお客様という名の友人をつくることであります。お客様からありがとうと言ってもらったら、それ以上の努力をしなければなりません」

という、創業者である安島会長の言葉どおり、友人が困っているときには助けるのが当然!という思いが、震災当日からの販売再開につながり、大手スーパーが軒並みクローズする中、「地域のライフラインを守る」という使命を貫き、開店し続けた当社への地元の方々の信頼と感謝の気持ちは厚く、現在、当社は地域の50%を超えるシェアを獲得しているそうです。

一社だけのレポートで長くなってしまいましたので、他の受賞企業のお話をお伝えできないのが残念なのですが、受賞された企業の代表の方々のお話を伺っていると、お客様、従業員、取引先の“おかげ”という思いを抱き、同業他社はライバルでなく仲間、といった考え方をしている企業が多いと感じました。

シンプルに考えれば当たり前のことなのかもしれませんが、血の通った人間がどの仕事の先にもいる、ということを忘れることなく、人を大切にしている企業の代表者の方が、「社員は宝であり、財産であり、誇りです」とおっしゃる言葉にはとても重みがあって、感銘を受けました。

以上、人を大切にしている企業のご紹介として、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞を受賞された企業の記念講演をレポートさせていただきました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL