ザ・リッツ・カールトン東京の新入社員研修で実施していた“最初のやる気”を持続させる秘訣

ザ・リッツ・カールトン東京の新入社員研修で実施していた“最初のやる気”を持続させる秘訣

まもなく訪れる桜の季節とともにやってくる新入社員!

“彼らのフレッシュな気もちとやる気を、上手く社会人・仕事人としての成長につなげたい・・!”

そうお考えの経営者の方は多いと思います。

ところが・・  日本生産性本部が、毎年春と秋におこなっている新入社員の意識調査によれば、「長期勤続意思」や「仕事を通じての夢の実現」などは、わずか半年の間に、軒並み大きくポイントを落としている・・・というのが、現実です。

あなたはこれを、想定内の仕方のないこと、とお考えになりますか?

実は、やる気やモチベーションを維持出来ないのは、何も新入社員に限ったことではありません。

20-29歳では37.8%、30~39歳では42.6%、全体では37.2%の人がそのことで悩んでいるという調査結果がでています。(日本マンパワー「仕事に関する意識調査2011年より」

また、30代の46.6%、40代の45.2%、と、なんと半数近く!が

「仕事にやりがいなし」

「能力発揮できていない」

と答えているというデータも・・・(日本能率協会「ビジネスパーソン1000人調査」2013年より)

会社の半分近くの社員が、仕事にやりがいを感じることができず、それぞれの力を存分に発揮できていないとしたら、本当にもったいないですね。

逆にいえば、その方たちの本来の力を引き出すことができたら、それだけで、あなたの会社の力は今の2倍近くに跳ね上がる!ということです。

“自ら学び成長し、仕事を楽しみながら、毎日を生き生きと生きる社員”

が、あなたの会社にもいらっしゃいませんか?

彼らはなぜ、そのように生き生きと仕事を楽しみ、充実した毎日を送ることができているのでしょうか?

そのような社員たち=人財 に共通していることは何か? を図解したのが、添付の図です。

“自ら学び、考え、成長していくことができる人財”=“セルフリーダーシップをとれる人財”は、この図にあるように、

「自分にとって大切な価値観や、実現したい未来のビジョン」

と、

「会社が大切にする価値観や目指している方向性、現在している仕事や将来期待される役割」

との

接点を見出すことによって、毎日の仕事と自分の実現したい未来をつなげています。

この“接点”を数多く見出すことができる程・・ つまり、会社で日々の仕事を通じて経験するチャレンジや、それによって身につけられる能力やスキルを磨いていくことが、自分が実現したい未来につながっている!と感じている人ほど、自ら学び成長し、主体的に考えて行動していくので、成長が早く、仕事が認められてさらに意欲が増す・・という好循環に入っていきます。

この“接点”を見出すことのもうひとつのメリットは、自分自身の未来に直接つながっているんだ!という自覚・・・内的な要因がモチベーションにつながっているために、それが持続するという点です。

それならば、社員一人ひとりがその接点を見出すことができるようサポートすることこそが、個人にとっても会社にとってもハッピーで、仕事の成果にもつながる状態を、“持続的に”生み出す取り組みとして、もっとも理にかなっているのではないでしょうか。

ザ・リッツ・カールトン東京で、新入社員研修時におこなっていたのは、実は、この部分にフォーカスした取り組みでした。

具体的には・・

新入社員の

(1) 人生で実現したい将来ビジョン

と、

(2) この会社で何を実現・達成したいか?

を聞き、

そのために必要な能力やスキルは何か?を抽出します。

次に、その新入社員がこの先

(3) 仕事を通じて磨いていける可能性がある能力やスキルとの接点

を見出し、具体的な事例をいくつかあげて伝えます。

たったそれだけ?と思われましたか?

それとも、

一人ひとりにそこまで丁寧に?と思われたでしょうか。

どちらの感想もあるかもしれませんが、ここの接点を最初の時点でしっかりと認識させることができれば、新入社員たちのその後の学びや、実際の仕事への取り組み姿勢が、格段に積極的で主体的なものとなる!のは立証済みです。

「何事も最初が肝心!」といいますよね?

このタイミングで、一人ひとりをしっかりケアすることが、非常に効果的であるのみならず、エネルギー効率的にもよいのです。

さらにいえば、会社は、自分の人生・将来を大切に考えてくれている、と新入社員が感じて会社への愛着が増す、というおまけもついてきます。

ポイントは、

それぞれの項目において、抽象度をあげて要素を抽出すること、

新入社員がイメージしやすいように具体的な例をあげて伝えること。

もしも、

“これまでにそんなことはしたことがなかった!”

という場合は、よかったら参考になさってみてください。

もちろん、既存の社員の皆様に実施された場合も、同様の効果があります。

新入社員を迎える先輩社員の皆さん、特に影響力のある直接指導にあたられる方々にとっての「接点」を明確にしておく、ということを、新入社員を迎える準備のひとつに加えられてみてはいかがでしょうか?

一人ひとりが生き生きと仕事に取り組んでいけるようなサポートと仕組みづくりを通じて、あなたの会社の社員を幸せに!そして、あなたの会社をさらに強く!!

明るく充実した毎日を過す人を増やすことでハッピーな社会を一緒につくっていきましょう!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL